JAバンクについて

万全の体制で組合員・利用者の皆さまに、より一層の「便利」と「安心」をお届けします。

JAバンクは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成するグループの名称です。組合員・利用者の皆さまに「便利で、安心な」金融機関としてご利用いただけるよう、密接な連携をとっています。ペイオフ、不良債権処理、IT活用による金融サービスの多様化などの環境変化に対応し、喜ばれるサービスをご提供します。

JAバンクってなに?

わたしたちJAバンクは、JAという総合事業体の中で、他金融機関に負けない、身近で、便利で、信頼される金融サービスを提供することをモットーとしています。

JAJAは「相互扶助」を目的とした協同組合金融機関。利益ばかりを追求する大口の貸し出しや投機的な融資を行うことは許されていないので、リスクの少ない健全な資産内容を維持しています。
長野県内16JAの金融店舗が全市町村を網羅し、お客様志向に徹した事業展開で、いつも安心をお届けしているのです。
信連長野県信連はJAの県域組織。
お客様の財産を大切に運用する信託業務や投資信託の販売など最先端の業務を取り扱っています。
また地場産業へのご融資などさまざまな業務を通じ、JAの活動をサポートしています。
農林中金農林中央金庫はJAバンクのユニバーサル金融機関。
世界的にもトップクラスの資金量を持ち、高い格付けで評価されています。
長野県JAバンクをバックアップする頼もしい存在です。

JAバンクシステムってなに?

ペイオフ解禁や金融大競争時代に対応し、より便利で安心なJAバンクになるため、全国のJA・信連・農林中央金庫の総合力を結集。
JAバンク法に基づいた、実質的に「ひとつの金融機関」として活動していく新たな取組みが「JAバンクシステム」です。このJAバンクシステムを活用し、全体の高度化、専門化などを進めています。

JAバンクについて

このページのトップへ