お知らせ

JAバンクのiDeCo<みずほプラン>取扱開始

長野県JAバンクでは、平成31年4月1日よりiDeCoの取扱いを開始いたしました。
個人で出来る "老後に備えた" 公的な "資産運用" 制度。
ぜひお近くのJAへご相談ください。
詳細はこちらをご覧ください。


【取扱JA】
JA長野八ヶ岳、JA佐久浅間、JA信州うえだ、JA信州諏訪、JA上伊那、JAみなみ信州、JA松本市、
JA松本ハイランド、JA塩尻市、JA洗馬、JAあづみ、JA大北、JAグリーン長野、JA中野市、JAながの


【留意事項】
・原則、60歳まで途中の引き出し、脱退はできません。
・運用商品はご自身でご選択いただきます。運用の結果によっては、損失が生じる可能性があります。
・加入から受け取りが終了するまでの間、所定の手数料がかかります。
・60歳時点で通算加入者等期間(※1)が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受け取りを開始できる年齢が遅くなります。
・運用商品の配分指定をされなかった場合、掛金や移換される資産は、所定の期間経過後、全額「みずほDC定期預金(1年)」で運用されます。(移換のみ行い配分指定されなかった場合は未指図資産(=現金相当の資産として無利息の扱い)となります。なお、インターネットやコールセンターで運用商品の見直しが可能です。)
・積み立てられた商品の売買には、所定の日数がかかります(通常3~8営業日かかります)。
・退職などにともない企業型確定拠出年金の加入資格を喪失した方は、6ヵ月以内にお手続きください。
・JAバンクは受付金融機関のため、運用商品に関する説明はできません。運用商品の内容については、運営管理機関のみずほ銀行が委託をしているJAバンクのiDeCoコールセンターまでお問合せください。


※1 通算加入者等期間とは、加入者または加入者であった方が60歳に達した時点で、①企業型確定拠出年金加入者期間、②企業型確定拠出年金運用指図者期間、③個人型確定拠出年金加入者期間、④個人型確定拠出年金運用指図者期間の各期間を合計したものです。
 なお、企業の退職金制度や企業年金制度から資産を確定拠出年金に移す場合(移換といいます)、これまでの制度の加入期間(60歳未満の期間に限る)が通算加入者等期間に合算されます。

 
お知らせ

このページのトップへ